アンダースタンドのストライダーブリーフは、これまでスポーツブリーフと呼ばれたブリーフです。
スポーツサポーター仕様のようなアクティブなパワープレーとは少し違うところから考えてみるシリーズの第2弾。

実は、ヨガの修行者などが身につけている下穿きの形状ってこのスポーツブリーフそっくりです。

インド周辺の昔ながらのアンダーウェアで一般的に使用されて来たLangotaとかLangoti というものらしいですが、ヨガだけでなく、カラリパヤットのような激しいインドの古武術の訓練でも着用している画像がたくさん見られます。

インド格闘技ではかなりアクロバティックな動きを連発するので、脚周りの自由度とともに必要部分をしっかりカバーするこのカタチはとても実用的だと思われます。

この実用的な形から更にサイド部分が切れ込んでヒップ部分と分離させ、シャープにスッキリし進化したスタイルがストライダーと言えるでしょう。

だから体のラインに忠実で、脚の前後だけでなく横や斜めへも負担かけず動きやすくなっています。

もちろん、普通ストライダーでこんなとてつもない離れ業をこなす機会がそんなにあるワケではない。

でもカラダを不規則に曲げたり伸ばしたり、捻ったりするのは日頃の動作の方が自然にたくさんあるのです。だから動作にストレスを生じず、併せて無防備なところをカバーもしてれるストライダーの真価は普段の生活で下着としてこそ発揮されます。

椅子に座る、足を組む、あぐらをかく、自転車を漕ぐ、長時間乗り物に乗る。そんな時、スレないムレない拘束されないというノーストレス感、股周辺の下着生地のあのゴロつきや鬱陶しさもなく、アウターに響かず、脱げば自然でタイトな男のコカンも出来上がるというワケです!

そこで、アンダースタンドはスポーツブリーフをもっと本来の下着として役立てて欲しいから、「ストライダー(STRIDER)」ブリーフと名付けました。

STRIDEとは大股で闊歩するという意味です。スポブリよりぴったりの名前だと思ったのです。

第3弾へ続きます。