このブルーは、アンダースタンドとしてベーシックらしい「青」と思えるブルーです。

誰もがずっと見知っているようなブルーで、それなのにいつでも新鮮に見える、会うたびに何か発見させてくれる親友のような色にしたっかったのです。

先行されている “アンダースタンダード” 定番カラー3色はホワイト、グレー、ブラックで、シーンを選ばない空気のような色で、洗っても色落ちの目立たない実用的な色。
ブルーは同じくらいに毎日使いたい色です。

だからアンダースタンドのブルーは定番らしい落ち着いたネイビーブルー。でも先の3色にはないしっかりした「色」が気分を上げてくれる青いアンダーパンツです。

けれど下着だから、幾度も使って洗っていくうち少しづつ生活感が出てくることは避けられません。
そうなっても、気持ちまで色褪せることなく安心感が働くブルー、そんなところからも選んだブルーです。
たとえ新品の鮮やかさが薄れていったとしても、その使用感も馴染めるようなそんな感じ、ちょうどブルージーンズのようなこなれた色合いがサマになるようなブルーのパンツとしてこの先愛されたら嬉しいです。