ストライダーブリーフは、これまでスポーツブリーフと呼ばれたブリーフです。

ジョックストラップなどのスポーツサポーター仕様なので、サッカーやジムのようなアクティブなパワープレーにぴったりな感じですが、少し違うところから考えてみます。

例えばストレッチやヨガ。そういうものは、決してアクティブではないけれどかなり極端な姿勢で、スポーツサポーターだと、体位によってはヒップが開放され過ぎて心もとない状態になりかねないです(笑)。

でもストライダーの形状だと、フロントV字カットで極力束縛しないのに肝心な部分は固定されて稼働部に負担をかず、何より股下からヒップがフルカバーされているので無防備にならず、のびのびと身をまかせられます。

前からみるとサポーター仕様で動きやすさに特化されてますが、後ろからみてもブリーフと同じに腰回りをカバー、下から覗いても望むところをきちんとシールドしているのがわかります。

長くなったので、次回に続きます!