穿くともっと自分るアンダーウェアを目指して

起きてる時も寝てるときも、僕らの一生の間ずっと密着し続けるノ、それは下着のパンツだとおもう。
外に出て、人に逢って、街を歩けば、僕らはいつも周囲に見られている。

だから上手く周囲に溶け込むように、そうでなければ、反対にもっとよく見られる為に衣服を着る。
周囲から衣服は僕たちを決めてしまっているかもしれない。でも、見られる為の衣類を脱いでいったら、最後に残る一枚はアンダーパンツだろう。
ハダカの上にのそこは、性差に関わらず、もう他の誰も関わる事の出来ない領域で、つまり、個人を支える内なる場所だと思う。

パンツは、そのとき、身体が自分のものである事が見える拠点だ。
だからきっと、衣類の中でもアンダーパンツは、周囲に見られるためではなく、自分が見る為の服だと思う。

下着、特にメンズのアンダーパンツが商品になると、<優れた品質と機能性>は当然としても、
<人から「恥ずかしくない」と思われるものを> <見えないところにも気配りを>なんて「人目」や「周囲の意向」の “ために” を強調する。

本当だろうか。

「下着」らしい姿だからこそされる下着

アンダーウエアは、肌に直接触れ、
その生理機能や人の日常生活にしっかり対応できる機能が求められる現実的な衣料品だ。
でも、男であれ女であれ、心寄せる人の下着姿にときめいたり、
時には下着を身につけた自分にさえ、普段とは違う気分になる事だってある。
気づいてないふりしてても、誰もがそう思っている。
アンダーウェアは間違いなくエロチックなシンボルだ。
実用品であることとセクシーなアイテム、一見かけ離れた二つの性格。
アンダーウェアにとって、どちらも大事なの役割だとおもう。

それでも、UNDERSTAND は考える。
やっぱり「下着」としての機能を大事にしたい、と。

解放されるエリアをむパーソナルアイテム

インナーウェアを楽しむのは、別に新しいことじゃない。
レディスじゃなくてもボディラインを強調して魅力的に見せたり、
そのスタイルの自分に浸って楽しむなんて実は男だって密かにやってきたはずなんだ。
だけどこれまでは、それで誰かを惹き付けたり、
ことさら人と比較する為の手段だったりするための手段だったように思う。
そうではなくこれからはもっと自分を楽しんでときめく事に使おう。

自分が変われば世界はもっと良くなる。

ベーシックライン=アンダースタンダード

UNDERSTANDが考えるアンダーウェアの基本形。

あらゆる脚周りに広く対応出来て、なおかつ、吸湿、ウエストやヒップなどの日常生活で
最低限の身体を包むといった「肌着」としての役割からブリーフをコアにしたスタイル。