ブリーフでアンダースタンド!/UNDERSTAND! BRIEFS

イージーモンキーがブリーフについて語る第1弾!

イージーモンキーが考える、ブリーフの良さを発信するブログシリーズ。ブログ記事にて数回に渡ってお届けします。

ブリーフは、現代の男のアンダーパンツの最も基本の形。

日本ではこのところずっと、ボクサーパンツがアンダーパンツの主流です。

それ以前の「トランクス」と呼ばれるタイプのルーズなシルエットから、様々な生地を使って「ボクサーブリーフ」と呼ばれるようなフィット感の高いボクサータイプが登場してきたためです。着てる時の心地よい密着感とか、ズボンの下でのまとわり付きにくさ、そしてシルエットがタイトでスポーティーになる見た目とか、そんなところが好かれたのです。

ブリーフの下着としての優秀さ

でもそういうところはそもそも、ブリーフが誕生してそれまでの下着にとって変わった画期的な理由だったんです。今人気のボクサーだって、ボクサーブリーフと言うくらいだからやっぱりブリーフなのです。

ところが、今一般的に使われているオリジナルスタイルのブリーフは、ボクサーの台頭に押され気味です。

でも、ほんとうは今の日常生活での可動性とか使いやすさとかからすればブリーフの下着としての優秀さは少しも揺るぎません。

男の下着として一つの普遍的な形

素材や細部の形状は進歩し続けても、その形状は誕生してからおよそ80年以上殆ど変わることなく使われていることからしても、男にとってブリーフがどれだけ有用なアンダーウェアの形なのかよくわかります。ブリーフは生活機能上必要なパーツだけで構成され、男の下着として一つの普遍的な形を作り上げました。

ブリーフごときにそこまで?
そう思うかもしれませんが、
例えばワイシャツでも身体に合わせて仕立てられると、それ一枚だけでいきなり全てがビシッと決まった服装になるように、ブリーフもワイシャツ以上に体に沿う必要性があります。それによって簡潔な形が出来上がれば、力強く時に繊細に、着ている人のボディラインを引き立てる力があります。

そういうシンプルでも緊張感のある美しさを機能美と言っていいでしょう。

それではそんな機能美を感じさせるブリーフ、どこにあるのか。
これは難題です。

次回に続きます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

イーモンをフォローしよう

アンダースタンダードの青いパンツ

このブルーは、アンダースタンドとしてベーシックらしい「青」と思えるブルーです。

誰もがずっと見知っているようなブルーで、それなのにいつでも新鮮に見える、会うたびに何か発見させてくれる親友のような色にしたっかったのです。

先行されている “アンダースタンダード” 定番カラー3色はホワイト、グレー、ブラックで、シーンを選ばない空気のような色で、洗っても色落ちの目立たない実用的な色。
ブルーは同じくらいに毎日使いたい色です。

だからアンダースタンドのブルーは定番らしい落ち着いたネイビーブルー。でも先の3色にはないしっかりした「色」が気分を上げてくれる青いアンダーパンツです。

けれど下着だから、幾度も使って洗っていくうち少しづつ生活感が出てくることは避けられません。
そうなっても、気持ちまで色褪せることなく安心感が働くブルー、そんなところからも選んだブルーです。
たとえ新品の鮮やかさが薄れていったとしても、その使用感も馴染めるようなそんな感じ、ちょうどブルージーンズのようなこなれた色合いがサマになるようなブルーのパンツとしてこの先愛されたら嬉しいです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

イーモンをフォローしよう

好消息~~~UNDERSTAND台灣中文網站上架啦!(台湾より発送対応)

好消息~~~
UNDERSTAND台灣中文網站上架啦!https://tw.under-stand.jp/

即日起UNDERSTAND提供台灣的7-11店到店取貨服務及宅急便送到家服務,台灣的朋友再也不用擔心運費太貴、也不用擔心商品等太久了!

除此之外,我們還成立了UNDERSTAND的Facebook 台灣粉絲專頁,有興趣的朋友歡迎搜尋”UNDERSTAND日本男性內褲品牌”
或 “UnderstandTW”,一起來給我們加油打氣讚讚讚!

UNDERSTANDの在庫を台湾に保管しまして、台湾国内より台湾向けに発送しております。送料もお安くご利用いただけます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

イーモンをフォローしよう

UNDERSTAND待望の再入荷

大変お待たせいたしました。アンダースタンドの在庫切れ商品が再入荷しました。

おかげさまで大変ご好評で、昨年9月の初回販売では、6ヶ月分の在庫を想定して4500枚も製造しておりましたが、1ヶ月で在庫切れが出始め、3ヶ月後には半数以上が在庫切れという状況でした。急いで製造予定を繰り上げて製造し、2回目はかなりの増産となりまして、なんと7500枚もの入荷となりました。また初回販売時の注文バランスに合わせて製造数を調整しておりますので、人気カラーも十分な在庫をご用意しております。毎日お楽しみいただくためのベーシックな下着ですから、今後は在庫切れが起こらないように調整してまいります。

また、これまでにUNDERSTANDをご購入いただいたお客様よりレビューを135件(公式サイトのみの集計)もご投稿していただきました。多数のお客様より日々ご愛用されているとのお声をたくさんいただいており大変喜んでおります。こうしたお声を参考にしながら、日々商品開発をしております。多くのお声により、アンダースタンドのネイビーの発売も決定しました。ネイビーは4月頃完成予定です。

長年、海外ブランドの下着を輸入してきて、日本とは異なるセクシーについての価値観にたくさん触れてきました。しかし、サイズの問題で、我々日本人の体型とライフスタイルには完全にフィットしませんでした。そこで我々が考える下着らしい日常のセクシーでかっこいいスマートさを、自分たちの手で形にしたのがアンダースタンドです。このプロジェクトが多くの方に受け入れられたことを大変嬉しく思います。

アンダースタンドは、日本人(アジア人)のためのアンダーウェアとして作りましたが、海外のお客様からも購入したいとのお声をSNSなどから沢山お寄せいただいており、これまでに台湾、アメリカ、中国などにも発送を行ないました。イージーモンキーのショッピングサイトは海外発送にシステムが対応しておりませんため改築を進めており、年内には海外発送対応が完了する予定でおります。日本語でご紹介して外国の方がご理解いただけるか分かりませんが、現状でもご相談いただければ海外への発送も対応しておりますので、詳しくはお問い合わせくださいませ。

アンダースタンドの新シリーズの開発も着々と進んでおります。どうぞこれからも、アンダースタンドとお付き合いいただければ幸いです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

イーモンをフォローしよう

覚えて欲しいストライダー/ TRY ON STRIDER part4

アンダースタンドのストライダーブリーフは、これまでスポーツブリーフと呼ばれたブリーフです。
スポーツサポーター仕様のようなアクティブなパワープレーとは少し違うところから考えてみるシリーズの最終回4回目。

過去の記事はこちら
第1回
第2回
第3回

そして一番嬉しいかもしれないこと、それはストライダーならではの機能が向上したことで、デイリーユースとしての見た目がキリッと際立ったことです。

サイドはよりシャープなウエストラインに、ソフトなバックスタイルと対象的にクールだけど少しどきっとさせるフィジカルなフロントとの組み合わせで、挑発的にならずに日常に溶け込むスマートな男のエロスが生まれました。

「アンダースタンダード」のストライダーは、人を選ばないベーシックな3色。いろんなシーンで気負わず着てサマになる自分がきっと分かるはずです。

アスレチックアンダーでもビキニやTバック、ブリーフでもない第3のショートブリーフとして、ストライダーがライフスタイルと一体となり一日を大股で渡り歩いて欲しいです!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

イーモンをフォローしよう

覚えて欲しいストライダー/ TRY ON STRIDER part3

名前だけではなく、このストライダーは、従来よりもっと毎日気持ち良く使えるよう改良されたネオブリーフ。

採用しているのは肌触りや伸縮性でこれまでたくさんのユーザーの支持を得た中から選ばれたベストな生地。裁断はヒップに必要なカバー面積は維持したまま、体の動きに合わせてサイドのカッティングや位置を調節、両大腿部の開放感を広くしてフロントの独立性を確保、一方、それによってウェストバンドからの生地の浮き上がりやだぶつきを抑えました。体の動くパーツに沿って各部位が独立していることと更にフロントが立体的なので、例え大胆なポーズでもヨレにくく、中身がこぼれ落ちるなんてこともなくオーガニックにホールドしてくれます!

画期的なのはヒップ部分のフィット感です。スポーツブリーフタイプは海外アンダーウェアが主流ですが、それだとボリュームのある欧米規格なのでどうしても生地が余りやすい。特に臀部の生地のたるみが問題でした。

アンダースタンド・ストライダーは日本・アジアの多くの人のスタンダードと思われるサイズ感で作ってあります。だから、これまでわざわざワンサイズ小さいサイズを着ていた不便さが解消され、装用感も下着としての実用性も確保されます。

 

次回に続きます!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

イーモンをフォローしよう

覚えて欲しいストライダー/ TRY ON STRIDER part2

アンダースタンドのストライダーブリーフは、これまでスポーツブリーフと呼ばれたブリーフです。
スポーツサポーター仕様のようなアクティブなパワープレーとは少し違うところから考えてみるシリーズの第2弾。

実は、ヨガの修行者などが身につけている下穿きの形状ってこのスポーツブリーフそっくりです。

インド周辺の昔ながらのアンダーウェアで一般的に使用されて来たLangotaとかLangoti というものらしいですが、ヨガだけでなく、カラリパヤットのような激しいインドの古武術の訓練でも着用している画像がたくさん見られます。

インド格闘技ではかなりアクロバティックな動きを連発するので、脚周りの自由度とともに必要部分をしっかりカバーするこのカタチはとても実用的だと思われます。

この実用的な形から更にサイド部分が切れ込んでヒップ部分と分離させ、シャープにスッキリし進化したスタイルがストライダーと言えるでしょう。

だから体のラインに忠実で、脚の前後だけでなく横や斜めへも負担かけず動きやすくなっています。

もちろん、普通ストライダーでこんなとてつもない離れ業をこなす機会がそんなにあるワケではない。

でもカラダを不規則に曲げたり伸ばしたり、捻ったりするのは日頃の動作の方が自然にたくさんあるのです。だから動作にストレスを生じず、併せて無防備なところをカバーもしてれるストライダーの真価は普段の生活で下着としてこそ発揮されます。

椅子に座る、足を組む、あぐらをかく、自転車を漕ぐ、長時間乗り物に乗る。そんな時、スレないムレない拘束されないというノーストレス感、股周辺の下着生地のあのゴロつきや鬱陶しさもなく、アウターに響かず、脱げば自然でタイトな男のコカンも出来上がるというワケです!

そこで、アンダースタンドはスポーツブリーフをもっと本来の下着として役立てて欲しいから、「ストライダー(STRIDER)」ブリーフと名付けました。

STRIDEとは大股で闊歩するという意味です。スポブリよりぴったりの名前だと思ったのです。

第3弾へ続きます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

イーモンをフォローしよう

覚えて欲しいストライダー/ TRY ON STRIDER part1

ストライダーブリーフは、これまでスポーツブリーフと呼ばれたブリーフです。

ジョックストラップなどのスポーツサポーター仕様なので、サッカーやジムのようなアクティブなパワープレーにぴったりな感じですが、少し違うところから考えてみます。

例えばストレッチやヨガ。そういうものは、決してアクティブではないけれどかなり極端な姿勢で、スポーツサポーターだと、体位によってはヒップが開放され過ぎて心もとない状態になりかねないです(笑)。

でもストライダーの形状だと、フロントV字カットで極力束縛しないのに肝心な部分は固定されて稼働部に負担をかず、何より股下からヒップがフルカバーされているので無防備にならず、のびのびと身をまかせられます。

前からみるとサポーター仕様で動きやすさに特化されてますが、後ろからみてもブリーフと同じに腰回りをカバー、下から覗いても望むところをきちんとシールドしているのがわかります。

長くなったので、次回に続きます!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

イーモンをフォローしよう

~アンダースタンド のこと=about UNDERSTAND ~Part6

~アンダースタンド のこと=about UNDERSTAND~ 

男がインナーウェアを楽しむのは特別じゃない。

ボディラインを強調してカッコつけたり、男前を演出するために密かにやってきたはず。

だけどこれまでは、それで誰かを惹き付けたり、ことさら人と比較する為の手段だったように思う。

これからはもっと自分を楽しんでときめく事にも使おう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

イーモンをフォローしよう

~アンダースタンド のこと=about UNDERSTAND ~Part5

~アンダースタンド のこと=about UNDERSTAND~ 

下着の下には

エッチな気分が煙みたいにモヤモヤする時も

知られたくない不格好な自分も

どんよりしてしまった一日も

絶好調に浸りきってる気分も

全部ある。

もっと自分が自由になるためにアンダーウェアを着よう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

イーモンをフォローしよう